~たとたん(に)(JLPT N2 Grammar)

~したら、その瞬間しゅんかんに   just at the very moment      

Vた+とたん(に)

①. まどけたとたん、つよかぜはいってきた。

The moment I opened the window, a strong wind came in.

②. おさけんだとたん、かおあかくなった。

As soon as I drunk the alcohol, my face turned red.

33

1)「~たとたん(に)・・・」のかたちで、「~」がわったのとほとんど同時どうじに「・・・」という予期よきしないことがこった、といたいときに使つかう。まえのこととあとのことは、たがいに関係かんけいがあることがおおい。2)「たとたん(に)」は現実げんじつのできごとを描写びょうしゃするのであるから、意志的いしてき行為こういあらわぶんや「よう・つもり」などの意志いしぶん命令文めいれいぶん否定文ひていぶんなどがあとることはない。また、自分じぶんのことには使つかえない。×くにかえったとたんに、結婚けっこんしようとおもいます。3)同様どうよう意味いみ用法ようほう表現ひょうげんにはつぎのものがある。(か)とおもうと・か~ないかのうちに・がはやいか・なり・やいなや

1) Some unanticipated event beings to occur almost simultaneously with the ending of another. In many cases the two events are related. 2) Since たとたん(に)describes actual events, sentence ending cannot take expressions of willful actions, volitional words such as よう (try to) or つもり(intends to), commands, or negatives. Cannot be used for speaker.×くにかえったとたんに、結婚けっこんしようとおもいます。3) Patterns with similar meanings and usage are:(か)とおもうと・か~ないかのうちに・がはやいか・なり・やいなや

4

 

 

 

 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar
skype2

STAY in TOUCH Follow us on Facebook & Twitter

Flag Counter
wang-xiao
snowfox