~にしては(JLPT N3 Grammar)

~にふさわしくなく  for       

N/普通形ふつうけい(ナAである・Nである)+にしては

①.はじめてにしては、よくできました。

You did well considering it was your first time.

②.外国人がいこくじんにしては日本語にほんご上手じょうすだ。

For a foreigner, his Japanese is very good.

4

1)「その事実じじつからかんがえると、当然とうぜんとはえない状態じょうたいだ」といたいときに使つかう。2)ほかのひと批判ひはんしたり評価ひょうかしたりするときのかたで、自分自身じぶんじしんのことにはあまり使つかわない。

1) Something can’t be considered as matter of course considering the fact. 2) For criticizing or evaluating outsiders; not often used about speaker.

4

 

 

 

 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N3 Grammar
skype2

STAY in TOUCH Follow us on Facebook & Twitter

Flag Counter
wang-xiao
snowfox