~つつ、(JLPT N2 Grammar)

A:~つつ(逆接ぎゃくせつ):~ているが  

even though         

Vます+つつ

①. 彼女かのじょいそがしいといつつ、長電話ながでんわをしている。

Though she said that she was busy, she continued to speak on the phone.

②. 今日きょうこそがんばろうとおもいつつ、また勉強べんきょうしなかった。

I was going to work hard today, but did not study again.

4

「Vつつ」のかたちで「Vしているが」という逆接ぎゃくせつ意味いみあらわす。話者わしゃ後悔こうかいしたり告白こくはくしたりする場合ばあい使つかわれることがおおい。

Something is done even though such is not expected. Often used when speaker regrets or confesses something.

 

 

B:~つつ(同時どうじ進行しんこう):~ながら   while      一边~,一边~

Vます+つつ

③.先生せんせい相談そうだんしつつ、進路しんろめたいとおもう。

I’d like to decide what to do after graduation in consultation with my teacher.

5

1)一人ひとりひとふたつのことをしながら、同時どうじにもうひとつのことをするという意味いみ表現ひょうげん。「~つつ・・・する」では「~」の動作どうさふくで「・・・」の動作どうさしゅである。2)「ながら」とおなじような使つかかたをするが、「ながら」より文語的ぶんごてき表現ひょうげん

1) Someone does two things at the same time. Second action listed is main action. 2) Usage is same for ながら, but more literary.

 

4

 

 

 

 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar
skype2

STAY in TOUCH Follow us on Facebook & Twitter

Flag Counter
wang-xiao
snowfox