~に対して(JLPT N3 Grammar)

A:~にたいして(対象たいしょう):~に/~を相手あいてとして 

(target) toward           

N+にたいして

①. 目上めうえひとたいして、そういうかた失礼しつれいですよ。

It is rude to speak to your superiors that way.

4

行為こうい感情かんじょうけられる相手あいて対象たいしょうあらわす。相手あいて直接ちょくせつ行為こうい気持きもちがおよぶときに使つかう。あとには相手あいてけてはたらきかける行為こうい態度たいどあらわ表現ひょうげんる。

Describes target or person that is object of actions or feelings. Used when action or feeling directly affects other party. Expressions of actions or attitudes appealing to other party follow.

 

 

B:~にたいして(対比たいひ):~と対比たいひしてかんがえると

(contrast) as opposed to; in contrast to           

N/普通形ふつうけい(ナAな・ナAである/Nな・Nである)+の+にたいして

②. 都市とし人口じんこうえているのにたいして、農村のうそんではっている。

In contrast to the rising population in the cities, the population in the countryside is falling.

340

ある事柄ことがらについてふたつの状況じょうきょう対比たいひするときに使つかう。

Contrasts state of two things.

 

4

 

 

 

 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N3 Grammar
skype2

Mieko Japanese School

言語選択 Language

 

STAY in TOUCH Follow us on Facebook & Twitter

Flag Counter
snowfox