~てこそ(JLPT N2 Grammar)

~が実現じつげんすることによって 

it’s only when; by    

Vて+こそ

①. おたがいに信頼しんらいしてこそ、なやみもえる。

We talk about each other’s problems because we trust each other.

②.おやになってこそ、おや苦労くろうがわかる。

Now that I am a parent, I realise the difficulties of being one.

326

「~てこそ、・・・」のかたちで、「~してはじめて、なにかがわかる。なにかになれる」といたいときに使つかう。「~しなければ/~するまでは、わからない」という意味いみになる。「・・・」にはプラスに評価ひょうかする言葉ことば可能かのう言葉ことばをよく使つかう。

Learn or become something for first time only by doing something. If hadn’t tried something, wouldn’t have known about it. Often positive evaluations and possibilities follow.

4

 

 

 

 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar