~を通じて/~を通して(JLPT N2 Grammar)

A:~のあいだずっと   

throughout    

N+をつうじて/をとおして

①. ここでは一年いちねんつうじてうつくしいはなられます。

You can see beautiful flowers all year round here.

4

「~をつうじて」のかたちで「~のあいだずっとおな状態じょうたいだ」といたいときに使つかう。「~をとおして」と意味いみ用法ようほうがほとんどおなじ。

Continuous state throughout a time period. Usage is nearly same as for をとおして.

 

 

 

B:~を手段しゅだんとして/~を媒介ばいかいとして   

through         

N+をつうじて/をとおして

②. 友人ゆうじんつうじてかれった。

I met him through a friend.

③. 子供こどもたちはスポーツをとおして、いろいろなことをまなぶことができます。

Children can learn various things through playing sports.

5

1)なにかが成立せいりつするときやなにかをするときの媒介ばいかい手段しゅだんとなるひと事柄ことがらあらわす。2)「をつうじて」と「をとおして」はおなじように使つかえる場合ばあいおおいが、「をつうじて」はなにかが成立せいりつするときの媒介ばいかい手段しゅだんとしてとらえ、「をとおして」はそれをあいだててなにかをする、という積極的せっきょくてき意味いみ使つかわれることがおおい。

1) Person who acts as intermediary, or something that serves as means to cause some event to happen. 2) Often patterns をつうじて or をとおして can be used same way, but をつうじて is understood as intermediary or means when something occurs; をとおして often has proactive meaning of acting as intermediary for doing something.

 

4

 

 

 

 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar