Blog Archives

~において(JLPT N2 Grammar)

~で/~に   in; at    N+において ①. 京都きょうとにおいて、シンポジウムが行おこなわれた。 A symposium was held in Kyoto. ②. Aさんの主張しゅちょうには、その点てんにおいて疑問ぎもんがあります。 I have a question about one of Mr. A’s points. ③. 国際こくさい社会しゃかいにおける我わが国くにの役割やくわりを考かんがえる。 Think about the role of our nation in the international community. 1)ものごとが行おこなわれる場所ばしょ、場面ばめん、状況じょうきょうを表あらわす。②のように、方面ほうめん・分野ぶんやに関かんしても使つかわれる。2)「~で」と大体だいたい同おなじ意味いみだが、改あらたまった書かき言葉ことばだから、日常的にちじょうてきな文ぶんの中なかではあまり使つかわない。×わたしは毎日まいにち図書館としょかんにおいて勉強べんきょうします。3)後あとに名詞めいしが来くるときは③のように「におけるN」という形かたちになる。 1) Describes places, scenes,

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~からすると(JLPT N2 Grammar)

~の立場たちばで考かんえると from the standpoint of N+からすると ①. 症状しょうじょうからすると、心臓しんぞうの病気びょうきかもしれません。 Judging from the symptoms, it may be a heart disease. ②. 周まわりの態度たいどからすると、あの方かたが社長しゃちょうではないでしょうか。 Judging from the attitudes of the people around him, he is probably the president. 1)判断はんだん・評価ひょうかをする立場たちば・着眼点ちゃくがんてんを表あらわす。その立場たちばに立たって考かんがえるとどうであるかを言いうときの表現ひょうげん。「からいうと」と意味いみ・用法ようほうが同おなじ。 1) Judgments, positions from which to make

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~ようがない(JLPT N2 Grammar)

~できない no way to   Vます+ようがない ①. 何なんと言いったらいいのか、言いいようがない。 I don’t know what to say. ②. この作文さくぶんは、日本語にほんごがめちゃくちゃで直なおしようがない。 The Japanese in this essay is so bad that it’s impossible to fix. 1)「そうしたいが、その手段しゅだん・方法ほうほうがなくてできない」と言いいたいときに使つかう。「よう」は「様よう」で、「方法ほうほう」の意味いみである。 1) Someone wants to do something but has no means or way to do

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~はもとより(JLPT N2 Grammar)

~は当然とうぜんとして of course N(+助詞じょし)は+もとより うちには、車くるまはもとより自転車じてんしゃもないんです。 My family doesn’t have a bicycle, let alone a car. レタスはサラダで食たべるのはもとより、炒いためてもおいしい。  Lettuce is of course good in salad, but it is good in a stir fry too. 1)「~は当然とうぜんとして、程度ていどが重おもい(軽かるい)事柄じこうも加くわわる」という意味いみ。2)「はもとより」は、「はもちろん」より書かき言葉的ことばてきな言いい方かた。 1) One matter is taken for granted; in

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~を通じて/~を通して(JLPT N2 Grammar)

A:~の間あいだずっと    throughout     N+を通つうじて/を通とおして ①. ここでは一年いちねんを通つうじて美うつくしい花はなが見みられます。 You can see beautiful flowers all year round here. 「~を通つうじて」の形かたちで「~の間あいだずっと同おなじ状態じょうたいだ」と言いいたいときに使つかう。「~を通とおして」と意味いみ・用法ようほうがほとんど同おなじ。 Continuous state throughout a time period. Usage is nearly same as for を通とおして.       B:~を手段しゅだんとして/~を媒介ばいかいとして    through          N+を通つうじて/を通とおして ②. 友人ゆうじんを通つうじて彼かれと知しり合あった。 I met

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~はというと(JLPT N2 Grammar)

一方いっぽう~はどうかというと  on the other hand; when it comes to      N(+助詞じょし)+はというと ①. 昨日きのうの夜よる、地震じしんがあったそうですね。私わたしはというと、ぐっすり眠ねむっていて、全然ぜんぜん気きがつきませんでしたけど。 Seems there was an earthquake last night. As for me, I was fast asleep and didn’t notice at all. ②. その頃ころ、日本にほんはというと、仏教ぶっきょうが人々ひとびとの間あいだに広ひろがりつつあった。 In Japan at the time,

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~にしたところで(JLPT N2 Grammar)

~の立場たちばでも    even from the point of view of     N+にしたところで ①. この商品しょうひんがどれだけ売うれるのか、社長しゃちょうにしたところで実際じっさいのところはわからない。 When I talked to the company president about how well this product was going to sell, I didn’t know what the real situation was like. ②. 携帯電話けいたいでんわの使用しようを禁止きんしにしたところで、どのくらいの生徒せいとが従したがうかわからない。

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~としても(JLPT N2 Grammar)

~と仮定かていしても  even supposing      普通形ふつうけい+としても ①. たとえ今いまの仕事しごとがつまらないとしても、もう少すこし続つづけたほうがいいよ。 Even if your current job is boring, you should stick with it a bit longer. ②. 行いくとしても、旅行者りょこうしゃとしてしか行いけない。 If I go, I could only go as a traveler. 1)「~としても、・・・」の形かたちで、「実際じっさいは~ではないが、もしそうなっても」と言いいたいときに使つかう。「・・・」では逆接ぎゃくせつの事柄ことがらを述のべる。2)話者わしゃの主張しゅちょう、意見いけんなどを述のべるときによく使つかわれる。3)「たとえ~としても・仮かりに~としても・疑問詞ぎもんし~としても」などとともによく使つかう。 1) Something isn’t actually

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~にしたら(JLPT N2 Grammar)

~の立場たちばに立たってみれば   even for     N+にしたら ①. 犬いぬや猫ねこはかわいいが、飼かっていない人ひとにすれば迷惑めいわくなこともある。 Dogs and cats are cute, but for those who do not have them, they can be a nuisance. ②.大おおきすぎる親おやの期待きたいは、子供こどもにしたら苦痛くつうだ。 Expectations of parents that are too big become agony for the children. 1)話者わしゃがその人ひとの立場たちばになってその人ひとの気持きもちを代弁だいべんするときに使つかう。話者わしゃ以外いがいの人ひとを表あらわす名詞めいしにつくことが多おおい。2)①の「にすれば」も意味いみ・用法ようほうは同おなじである。 1)

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~てこそ(JLPT N2 Grammar)

~が実現じつげんすることによって  it’s only when; by     Vて+こそ ①. お互たがいに信頼しんらいしてこそ、悩なやみも言いえる。 We talk about each other’s problems because we trust each other. ②.親おやになってこそ、親おやの苦労くろうがわかる。 Now that I am a parent, I realise the difficulties of being one. 「~てこそ、・・・」の形かたちで、「~してはじめて、何なにかがわかる。何なにかになれる」と言いいたいときに使つかう。「~しなければ/~するまでは、わからない」という意味いみになる。「・・・」にはプラスに評価ひょうかする言葉ことば、可能かのうの言葉ことばをよく使つかう。 Learn or become something for

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar