Blog Archives

~をもとに(して)(JLPT N2 Grammar)

~を素材そざいにして/~からヒントを得えて  derived from   N+をもとに(して) ①.この小説しょうせつは事実じじつをもとに書かかれた。 This novel is based on fact. ②.失敗しっぱいをもとにして発明はつめいする。 An invention results from trial and error. 1)あるものが生うみ出だされる素材そざいを表あらわす。後あとには、「書かく・話はなす・作つくる・創作そうさくする」などの意味いみを持もつ文ぶんが来くる。2)「にもとづいて」と意味いみが似にているが、「をもとにして」は、それから具体的ぐたいてきな素材そざいを得えるだけであり、精神的せいしんてきに離はなれずにという気持きもちは薄うすい。 1) Describes material that creates something. Clauses with meanings of 書かく、話はなす、作つくる、創作そうさくする. etc. follow. 2) similar in meaning to にもとづいて, but

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~ないものか(JLPT N2 Grammar)

~ないだろうか  isn’t there some way? Vない+ものか ①. 最近さいきん、変へんなメールがたくさん来くる。どうにかならないものか。 I get a lot of weird emails these days. I wish I could do something about it. ②. カレーライス、もっと簡単かんたんに作つくれないものかなあ。 I wonder if there isn’t an easier way to make curry rice. 実現げんじつが難むずかしい状況じょうきょうで、強つよい願ねがいを何なにかの方法ほうほうで実現じつげんさせたいという気持きもちを言いいたいときに使つかう。可能かのうの動詞どうしとともに使つかうことが多おおい。

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~ものだ(JLPT N2 Grammar)

A: ものだ(忠告ちゅうこく):~するのが当然とうぜんだ  should       Vる・Vない+ものだ ①. 薬くすりは苦にがいものだ。 Medicine is meant to be bitter. 個人こじんの意見いけんではなく、道徳的どうとくてき、社会的しゃかいてきな常識じょうしきについて「そうするのが常識じょうしきですよ・そうしないのが常識じょうしきですよ」と訓戒くんかいしたり、説教せっきょうしたりするときの表現ひょうげんである。 Moralizes or exhorts that speaker’s opinion to do or not do something is not personal but based on moral and social common sense.  

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~につけ(~につけ)(JLPT N2 Grammar)

~に関連かんれんしていつも  whenever; whatever         Vる+につけ ①. 写真しゃしんを見みるにつけ、(歌うたを聞きくにつけ)、国くにを思おもい出だす。 Photos and songs from my country make me nostalgic. ②. いいにつけ悪わるいにつけ、子こは親おやに似にる。 Children learn good and bad habits from both of their parents. 「~するといつも」という意味いみを表あらわす。あとには話はなし手ての心情しんじょうを表あらわす文ぶんが来くることが多おおい。 Used to express “whenever ~”. Usually, a sentence of

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~をめぐって(JLPT N2 Grammar)

~を議論ぎろんや争あらそいの中心点ちゅうしんてんとして  centering around; concerning N+をめぐって ①.憲法けんぽう改正かいせいをめぐって、長ながい間あいだ、論争ろんそうが続つづいている。 Over a long time, there has been a continuing dispute over a constitutional amendment. ②.教育きょういく制度せいどをめぐる諸問題しょもんだいについて、話はなし合あう。 Discuss the problems about the educational system. 1)そのことについて、どんな議論ぎろんや対立たいりつ関係かんけいが起おこっているかを言いうときに使つかう。後あとには、意見いけんの対立たいりつ・いろいろな議論ぎろん・争あらそいなどの意味いみを持もつ動詞どうしが来くることが多おおい。やや硬かたい表現ひょうげん。2)後あとに名詞めいしが来くるときは、②のように「をめぐるN」という形かたちになる。 Debates and conflicts occurring around certain issue. Often verbs with meanings

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~に決まっている/違いない(JLPT N2 Grammar)

きっと~だ/必かならず~だ  matter of course; certain; definite        普通形ふつうけい(ナA・ナAである/N・Nである)+に+決きまっている/違ちがいない ①. あのチームが勝かつに決きまっている。 That team is bound to win. ②. 彼かれがやったに違ちがいない。 He must have done it. 話者わしゃが断定だんていしたいほど確信かくしんを持もっていると言いいたいときに使つかう。 Speaker’s conclusive conviction about something.          

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~とか(JLPT N2 Grammar)

~そうだが/~と聞きいたが  I heard something to the effort that      ①.今夜こんやの花火はなび大会たいかいは、雨あめで中止ちゅうしだとか。 I hear that the fire works tonight have been cancelled because of the rain. ②. 今いま、インフルエンザがはやっているとか。 I hear that the flu has broken out. 1)伝聞でんぶんの言いい方かた。同おなじく伝聞でんぶんの「そうだ」や「ということだ」より不確ふたしかな気持きもちがあったり、はっきり言いうことを避さけたりするときに使つかう。2)接続せつぞくは基本的きほんてきには普通形ふつうけいにつくが、その他たの形かたちにつくこともある。 1) Hearsay. Not as definitive

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~まい(JLPT N2 Grammar)

~ようとは思おもわない   I (we) will never・・・   Vる+まい(動詞どうしⅡ、Ⅲは「Vない+まい」もある。「する」は「すまい」もある) ①. あんなひどいところ、二度にどと行いくまい。 I will never go to such an awful place. ②. 海外かいがい旅行りょこうでは、絶対ぜったいに買かった水みず以外いがいは飲のむまいと思おもった。 On overseas trips, I’ve decided only to drink bottled water. 「~するようなことはしない」と強つよい否定ひていの意志いしを表あらわす。主語しゅごは一人称いちにんしょう。 Used to show strong negative will such as “never do such a

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

ということは~(JLPT N2 Grammar)

つまりは~/結局けっきょくは~  that is to say; so that means         普通形ふつうけい+ということは ①. 「彼かれは、まだ来きませんね。ということは、欠席けっせきということですね。」 He has not come yet. That means he is absent. ②. 「私わたしはもうお酒さけを飲のめます。」「ということは二十歳はたちを過すぎてるんだね。」 “I can drink alcohol.” “Oh, so you’re over twenty.” ある事柄ことがらを取とり上あげ、それについて思おもうことや感かんじることを述のべる表現ひょうげん。 Used to express the

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar

~として(JLPT N2 Grammar)

~の立場たちばで/~の資格しかくで/~の名目めいもくで        as     N+として ①. キムさんは留学生りゅうがくせいの代表だいひょうとして、スピーチした。 Mr. Kim made a speech as a representative of the foreign students. ②. 彼かれは歌手かしゅとしてだけでなく、画家がかとしても人気にんきがある。 He is famous not only as a singer, but also as a painter. 「~という立場たちば、資格しかく、役割やくわり、名目めいもくで・・・。」 Means “from the

Posted in Japanese Grammar, JLPT N2 Grammar