Blog Archives

他動詞て形+ある(JLPT N4 Grammar)

~てある    is; are・・・    Vて(他動詞たどうし)+ある ①. カレンダーに今月こんげつの予定よていが書かいてあります。 This month’s schedule is written on the calendar. ②. 机つくえの上うえにメモが置おいてあります。 There is a memo put on the desk. 「V(他動詞たどうし)+てある」の形かたちで、人ひとが何なにかの目的もくてきを持もって行おこなった行為こういの結果けっかが残のこっているという状態じょうたいを表あらわす。 Verb is transitive. Result of action taken by someone with an objective continues.  

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

~続ける(JLPT N4 Grammar)

つづける keep on; do on and on     Vます+続つづける ①. 一生いっしょう学まなび続つづけるつもりです。 I intend to continue learning forever. ②. 5分間ふんかん走はしり続つづけてください。 Please keep running for about five minutes. 動作どうさや習慣しゅうかんを続つづけたり、作用さようが続つづいたりするという意味いみを表あらわす。「ずっとしている・ずっと続つづいている」ことを特とくに言いいたいときに使つかう。 Movement, practice, or action continues. Specifically stresses length of time of action.  

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

~かもしれない(JLPT N4 Grammar)

~かもしれない perhaps; it may be that     普通形ふつうけい(ナA/N)+かもしれない ①. 「エンジンの音おとがおかしいと思おもいませんか。」「ええ、故障こしょうかもしれません。」 “Don’t you think the engine has been making a strange noise?” “Yes. We might break down.” ②. 約束やくそくの時間じかんに間まに合あわないかもしれません。 We might not be in time for the appointment. その可能性かのうせいがあるという意味いみ。 Indicates the

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

~がする(JLPT N4 Grammar)

~がする feel; hear; smell; taste Nが+する ①. 「にぎやかな声こえがしますね。」「ええ。パーティーでもしているようですね。」 “They’re lively, aren’t they?” “Yes, It seems that they are having a party or something.” ②. 変へんな音おとがしますね。 There’s a strange sound, isn’t there? 音おと・声こえ・味あじ・におい・香かおり・感かんじなどの感覚かんかくを表あらわしたいときの言いい方かた。 Senses of sound, voice, taste, smell, or feeling.  

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

~おわる(JLPT N4 Grammar)

~おわる finished     Vます+終おわる ①. もう夕食ゆうしょくは食たべ終おわりましたか。 Did you finish dinner already? ②. 宿題しゅくだいの作文さくぶんを書かき終おわる前まえに、友達ともだちが遊あそびに来きた。 My friends came round to see me before I had finished writing my homework composition. 始はじまりと終おわりがある継続けいぞくする動作どうさ・作用さようが終おわるという意味いみを表あらわす。 Completion of continuous action or operation that has beginning and end. 

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

お~になる(JLPT N4 Grammar)

お~になる(尊敬語そんけいご)  Someone does (verb) honorifically      お+Vます+になる ①. 社長しゃちょうはもうお帰かえりになりました。 The company president has already gone home. ②. 「すみません。その灰皿はいざら、お使つかいになりますか。」「いいえ、使つかいません。どうぞ。」 “Excuse me. Are you going to use that ashtray?” “No, I’m not. Please use it.” 1)相手あいてや第三者だいさんしゃに尊敬そんけいの気持きもちを表あらわすときに使つかう形かたち。2)尊敬そんけいできない行為こういを表あらわす動詞どうし(ぬすむ・なぐる、など)やくだけた言葉ことば(がんばる・しゃべる、など)はこの形かたちで使つかわない。 1) Shows respect toward others

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

謙譲語(JLPT N4 Grammar)

A:お~する(謙譲語けんじょうご)  the speaker humbly (does verb)   お+Vます+する ①. 私わたくしが社長しゃちょうにスケジュールをお知しらせします。 I will tell the president the schedule. ②. 今日きょうの予定よていをご説明せつめいします。 I will explain today’s schedule. 1)相手あいてに対たいする尊敬そんけいの気持きもちを表あらわすために話はなす人ひとが自分じぶんの行為こういをへりくだって話はなす(謙譲けんじょうを表あらわす)場合ばあいに使つかう形かたち。2)相手あいてのためにする行為こういに使つかう。尊敬そんけいする相手あいてのない動作どうさには使つかわない。3)②のように「説明せつめい」などの漢語かんごの場合ばあいは「ご~します・ご~いたします」となる。 1) To elevate the other party, speaker uses humble language for his own actions. 2) Describes

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

~んですが、(JLPT N4 Grammar)

~んですが  (uh)    普通形ふつうけい(ナAな/Nな)+んですが ①. 日本語にほんごで手紙てがみを書かいたんですが、ちょっと見みていただけませんか。 I’ve written a letter in Japanese. Could you please check it for me? ②. NHKを見学けんがくしたいんですが、どうしたらいいですか。 I want to tour NHK. How can I do that? 話はなしを始はじめるきっかけを作つくるために、前置まえおきの言葉ことばや、話題わだいのテーマなどを提示ていじするときに使つかう。 Creates opportunity to bring up a subject.    

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

疑問詞+か(JLPT N4 Grammar)

どこか / 何なにか  somewhere/something         疑問詞ぎもんし+か ①.のどがかわきましたから、何なにか(を)飲のみたいです。 I’m thirsty. I want to drink something. ②.「 冬休ふゆやすみはどこか(へ)行いきましたか。」「はい、行いきました。」 “Did you go anywhere in the winter vacation?” “Yes, I did.” 具体的ぐたいてきにはっきりとは分わからない、決きまっていないことを表あらわす。 Express that something is not clearly and concretely understood or decided.  

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar

疑問詞+でも(JLPT N4 Grammar)

何なんでも/いつでも/どこでも   anything/any time/anywhere 疑問詞ぎもんし+でも ①. 私わたしは何なんでも食たべます。 I can eat anything. ②. いつでもご利用りよう可能かのうです。 Usage is possible anytime. 「何なに」「いつ」「どこ」「だれ」などの疑問詞ぎもんしに付ついて、それらを限定げんていしないことを表あらわす。 Expresses that there is no limit on question words such as “what” “when” “where” or “who” connected with them.        

Posted in Japanese Grammar, JLPT N4 Grammar